ウェブライティングの種類

種類

ウェブライターとして活躍しているライターさんは多数います。その多くは在宅ワーカーということで、本業にしている人はもちろん、副業としてウェブライターをこなしている人も数多くいます。

ライターというと、いろいろな記事を書いたり小説を書いたり、とにかくいろいろな方面で活用される何らかの文章を「書く」という仕事ですが、ウェブライターの場合、基本的にはウェブ上に載せる文章を書くことになります。

また、ウェブライターが一般的なライターと異なるところがあって、それは、「すべてがオリジナルの文章である必要がない」というところにあります。そんなことを言うと、「それって、著作権違反になるのでは?」という人もいると思います。いろいろな著作物や創作物の権利が侵害されている現在では、そういったところにデリケートになるのは当然のことといえます。

オリジナル記事は一般的に「オリジナルライティング」と呼ばれ、数あるオリジナル記事を、まったく別の表現で書き直した文章を「リライティング」と呼びます。リライティングは盗作ではなく、あくまでも「書き手が書いた文章」として解釈されます。

そのかわり、元の記事が完全に書き換えられていなければならないというのは暗黙のルールになっています。